光が丘で動き回る乳幼児が体を動かせる場所3選(2歳児、3歳児)

光が丘で動き回る乳幼児が体を動かせる場所3選(2歳児、3歳児)

小さい子がちょこちょこ歩いている姿、とってもかわいいですね。
そんなカワイイ見た目とは裏腹に、ママにとっては悪魔のように見えることがあるのが、2・3歳のこの時期。
イヤイヤ期ど真ん中のちびっこたちも多いのでは?
成長のために必要なこととはわかっているけれど、受けとめるのも大変ですよね。
我が家の場合、特に家の中だとイヤイヤ発動しやすいのでなるべく外へ出かけています。
光が丘で2・3歳の幼児がめいいっぱい体を動かせる場所をご紹介したいと思います。

自我が出てきて、何でも「自分で!」
決められると「イヤ!!」
なるべく制止することなく遊べる場所ならママも安心ですし、子どもの心も満たされますね。
光が丘周辺には、魅力的な公園がたくさんあります。
積極的にお出かけして、難しい時期を乗り切りましょう!

光が丘で乳幼児が体を動かせる場所

光が丘公園

光が丘と言えば、やっぱりここ抜きでは語れません!
広さ60万平方メートルの広大な都立公園です。

光が丘公園の散歩道
光が丘公園

気持ちよく広がる芝生広場では適度に起伏があるので、
坂道を上ったり下ったり思いっきり体を動かせます。
大きな公園なので人がたくさんいても、十分に走り回るスペースを確保できます。
私も光が丘公園に行くと、子どもたちを芝生広場で放牧状態(笑)
自由にさせています!

光が丘公園の写真

桜の木がたくさんあるので、春にはレジャーシートとお弁当を持って行ってお花見ピクニックもいいですね!
いちょう並木近くの売店「パークス光が丘」で、店内で焼いたパンや軽食を買うこともできます。

光が丘公園のブランコの写真
光が丘公園のブランコで遊ぶ家族づれ

「ちびっこ広場」には遊具がたくさんあり楽しめます。
ガード付きブランコ・すべり台付き複合遊具・お砂場など、幼児向け遊具も充実。
難易度の高い小学生向けの遊具もあるので、同じ空間にいながら住み分けできるところもいいですね。

夏限定ですが、けやき広場にある水遊び場もオススメ。
足首くらいの水深なので小さい子でも安心して遊べます。
周囲に日陰は少しありますが、帽子など日よけ&暑さ対策は必須です!

光が丘公園の写真

とても広大なので、エリア間の移動は自転車やベビーカーがあると安心です。
トイレはエリアごとにあり、おむつ交換台もほぼありますが、ない場所もあるので初めに地図を確認することをおすすめします。

光が丘公園の写真
光が丘公園

様々な遊び方ができるので、
「今日はどんぐりを拾おう」とか、「今日は遊具で遊ぶ!」など、その日の気分や季節に合わせてエリアを絞って何度も通うのもいいですね!
※園内でテントやタープ等屋根のついたものは使用禁止です

詳細は公式HPをご覧ください

夏の雲公園

光が丘駅から南へ、光が丘公園と逆方向へ徒歩3分ほどのところにある区立夏の雲公園。
こちらも魅力的な公園です。

夏の雲公園の遊具の写真
夏の雲公園の遊具

幼児に大人気なのが丸太が階段のようにデコボコ並んでいる丘。
丘の上には小さなジャングルジムがあります。
丸太もジャングルジムも、段があれば登りたいお年頃の子にはピッタリですね!
上り下りに満足したら、かくれんぼや鬼ごっこも楽しめる形状の丘を楽しんで。

夏の雲公園にいる子供の写真

広い芝生広場には中央にシンボルツリーがあって、とてもいい雰囲気。
ボール遊びにも人気です。
春には芝生広場を囲む桜が満開になるので大人気。
いつもピクニックしている親子がたくさんいる公園です。

夏の雲公園の写真

夏場はすり鉢状になっている地面を水がぐるぐる流れ、子どもたちはちょっと変わった動きを見せる水にキャーキャー言いながら水遊び。
毎年ちびっこ連れ親子で大賑わいです。
周りには木陰もあるので大人も気持ちよく眺めていられますね。
水が流れていない時期でも、ぐるぐる走り回ったり山のようになっているところに上ってぼんやりしたり滑り降りたり、いつも子どもたちに人気のスポットです。

夏の雲公園の写真

その他、滑り台や、砂場、ブランコなど遊具エリアも充実。
光が丘駅から夏の雲公園までの道はいちょう並木ですので、秋は輝く黄色いじゅうたんに包まれたとても幻想的な世界になります。

詳細は練馬区公式HPをご覧ください。

ばなな公園

ちょこっと遊びにオススメなのが、こちらの公園。
名前の通り、遊具からベンチまで、バナナ、バナナ、バナナ!
個性的な遊具で子どもたちを楽しませてくれます。

 

ばなな公園の遊具
ばなな公園の遊具

遊具は滑り台とうんていの付いた複合遊具が一つと、スプリング遊具が2つと少ないですが、
全部バナナの形をしているんです!
見た目のインパクト大のおかげか子どもたちは大喜び。
「また行きたい」とリクエストされます!

ばなな公園の写真です。
ばなな公園の遊具

光が丘駅から徒歩10分ほど。
住宅街なので車通りは少ないですが、道路に隣接しているので、
走り始めたお子様からは目を離さないでくださいね。
水道はありますがトイレがありません。
近くの梅林公園にはトイレがありますが、幼児にとっては少し距離があるのでトイトレ中の子は要注意です。

小さい公園なのに子どもが何度も行きたがる、不思議な魅力スポットです。

住所:東京都練馬区田柄5-3-6

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毎日お疲れ気味の、この時期のママたち。

公園でたくさん体を動かして遊んで、ママも子供もハッピーな時間を過ごせたら素敵ですね!

#乳幼児、#運動、#場所、#遊び場

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

いいねボタン
2+

この記事が気に入ったら
「いいねボタン」を!

コメントを残す

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »

地域×年齢カテゴリの最新記事